• サウジアラビアのジュベイル外務大臣
    サウジアラビアのジュベイル外務大臣

サウジアラビアのジュベイル外務大臣が、緊張を作り出すアプローチを続ける中で、イランは地域の安全にとっての脅威だとしました。

ジュベイル外相は、14日土曜、ベルギーのブリュッセルで行われたNATO北大西洋条約機構の会合の傍らで、再び、アメリカのトランプ大統領の核合意離脱を巡る政策を賞賛し、「イランは、地域政策を変更しなければ、さらに孤立を深めるだろう」と主張しました。また、根拠のない主張を繰り返し、「イランは、世界がイランの核兵器獲得を許さないことを知るべきだ」と述べました。

サウジアラビアは、アメリカと同調し、しばらく前から、偽りの主張によって、イラン恐怖症を広めようとしています。サウジアラビアは、イラン経済に損失を与えるために石油を増産しようとしています。サウジアラビアがなぜ、このような行動を取り、緊張を作り出す政策を進めているかについては、数々の理由が挙げられています。

西アジア問題の専門家であるセドギヤーン氏は、サウジアラビア高官が反イランの立場を繰り返すのは、地域における自分たちの失敗や敗北を隠すためだとし、次のように語っています。

「イエメンからシリア、イラクにいたるまで、地域における政策に失敗し、目算を誤っているサウジアラビアのような国は、誤った情報を提示し、このような立場を取ることによって、この1年から2年にかけて蒙った多くの損害を償おうとしている。しかし、このような言動は、サウジアラビアにとって、再び損害を蒙る以外の結果をもたらさないだろう」

このような立場は、実際、押し付けられた見解や立場の一部を繰り返したものです。このような立場がこれ以上繰り返されれば、サウジアラビアはますます不名誉を蒙ることになるでしょう。

アメリカの言語哲学者のチョムスキー氏は、デモクラシーナウのインタビューで、サウジアラビアは世界の過激派の中心地だとし、次のように語りました。

「実際、サウジアラビアの過激な占領政策の火の粉は、現在、彼ら自身に降りかかっており、サウジアラビアがアメリカ、イギリス、シオニスト政権イスラエルの地域における目的のために歩みを進める限り、地域に平穏が戻ることはない」

サウジアラビアが、自分たちを地域の有力な国と考えるのは、誤っています。なぜなら、現在、サウジアラビア政府の関係者は、誰よりもこの国の弱さと地域における戦略的な誤りに気づいているからです。

イランが地域の複雑な関係において、効果的かつ建設的な役割を果たし、協力と理性の道を歩んでいる中で、このようなサウジアラビアの政府高官の発言は、これまでの失敗を隠し、失敗した政策の継続に固執するための無駄な努力です。

サウジアラビアの関係者は、理にかなわない立場により、問題をはぐらかし、地域で優位に立つために、イランに関する根拠のない発言を繰り返しています。しかし、彼らはこれにより、正しい道からはずれ、孤立に向かっているのです。

2018年07月15日20時45分
コメント