• イラン産原油の輸出
    イラン産原油の輸出

トルコの石油企業Toprashに近い筋が、この企業はアメリカの核合意離脱と対イラン制裁の行使後も、イラン産原油を購入し続けるだろうとしました。

この企業に近い筋は、20日金曜、「この企業は、対イラン制裁の行使後においても、イラン産の原油の購入を停止するつもりはない」と語りました。

Toprashは今年はじめの4ヶ月、日量平均で、18万7196バレルのイラン産原油を購入しています。

対イラン制裁を批判しているトルコ政府は、他の国の意向でイランとの貿易関係を断絶しないとしました。

アメリカは5月8日、核合意から離脱し、その後、11月4日までにイランの石油輸出をゼロにするとしました。

この中で、アメリカは対イラン制裁の一部として、イラン産の石油の輸入を完全に停止するよう、世界各国に求めています。

アメリカは、イランと協力する国はアメリカ市場を手放すことになり、重い罰金が科されると強調しています。

世界各国のほとんどは、アメリカの要請には従わないとしています。

アメリカの核合意離脱は、国内外の大きな非難を受けています。

2018年07月21日20時12分
コメント