• ラーリージャーニー議長とリ外相の会談
    ラーリージャーニー議長とリ外相の会談

イランのラーリージャーニー国会議長が、テヘランで、北朝鮮のリ・ヨンホ外務大臣と会談し、「アメリカは協議のときには好ましいことを語るが、行動の時になると、取り決めをまったく守らない」と語りました。

イラン国会通信によりますと、ラーリージャーニー議長は、8日水曜、リ外相との会談で、アメリカは合意や条約における取り決めを守らないとし、「イランはアメリカと協議を行った過去があり、アメリカの取り決めも明らかになったが、彼らはそのいずれも履行しなかった」と語りました。

さらに、イランは北朝鮮との政治協力の拡大を歓迎しているとし、「イランは、北朝鮮の利益は、圧制的な大国に対抗することにあると考えている」と述べました。

一方のリ外相もこの会談で、アメリカとの最近の協議に触れ、「北朝鮮は、アメリカとの協議で定められた事柄を実施しているが、核技術は保持している。なぜならアメリカが敵対をやめないのを知っているからだ」と語りました。

 

ラーリージャーニー議長とリ外相の会談

 

2018年08月09日17時40分
コメント