• イラン大統領特使、トルコでエルドアン大統領と会談

イランのヴァーエズィー大統領特使が、9日木曜夜、トルコのアンカラでエルドアン大統領と会談し、ローハーニー大統領からの書簡を手渡しました。

イルナー通信によりますと、ヴァーエズィー大統領特使はこの会談で、核合意に関する最新の情勢、アメリカの対イラン制裁の再発動とイランの立場について、エルドアン大統領と話し合い、アメリカを後悔させるためのイランの抵抗の決意を強調しました。

一方のエルドアン大統領もこの会談で、トルコがイランとの協力を継続する意向であることを明らかにすると共に、両国の関係をさらに拡大し、障害を取り除く方法について強調しました。

エルドアン大統領は、近い将来、ローハーニー大統領と会談できるよう望んでいるとしました。

ヴァーエズィー大統領特使は、エルドアン大統領と会談した後、トルコのチャブシオール外務大臣、及び、ぺキジャン商業大臣とも会談しました。

2018年08月10日16時13分
コメント