2019年09月09日22時30分
  • ビービー・ハキーメ霊廟
    ビービー・ハキーメ霊廟

今回は、南西部コフギルーイェブーイェルアフマド州にあるビービーハキーメ霊廟を、映像と共にご案内してまいりましょう。

 

イラン南西部コフギルーイェブーイェルアフマド州の産油地帯に当たるギャチサーラーン行政区南部にある渓谷の間の、大きな山の裾野に、シーア派教徒に敬愛されている預言者の末裔の1人、ビービーハキーメが葬られています。

ビービーハキーメの霊廟は、イラン南部にありこの人物の兄弟に当たるアフマド・イブン・ムーサーが葬られている霊廟に次いで、イラン南部及び南西部全域では最も重要、かつ巡礼者の多い霊廟とされています。

ビービー・ハキーメは、シーア派7代目イマーム・ムーサーカーゼムの娘の1人であり、自らの兄弟たちと共に、シーア派8第目イマーム・レザーにまみえるために、アラビア半島のヒジャーズ地方から、当時のイラン北東部地方に当たるマルヴに向かいました。しかし、彼女はイマーム・レザーが埋葬されていることで知られたこの地において、この世を去っています。

この霊廟には毎年、近隣の州やペルシャ湾岸諸国から、預言者一門を敬愛する数百万人もの巡礼者が訪れます。

この霊廟の古い建物は、過去数百年間にわたって何度も修復・再建されており、現在の建物は1979年のイスラム革命後に、より壮麗で堅固なものに再建されたもので、現在も拡張されています。

ビービーハキーメの霊廟は、コフギルーイェブーイェルアフマド州ギャチサーラーン行政区の町ドゴンバダーンの南方95キロの地点に位置しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント