• イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師
    イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師

イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、イスラム教徒の間におけるアメリカの好戦的な政策に触れ、「賢明さを保つことにより、この悪魔の政策を退けるべきだ。メッカ巡礼と、この中での多神教徒に嫌悪を示す儀式は、この賢明さの下地作りである」と強調しました。

ハーメネイー師は、20日月曜、ハッジ・メッカ巡礼者に向けたメッセージの中で、ハッジの宗教儀式を遂行するための不変の場所の決定は、イスラム共同体の構築とイスラム教徒の統一のための象徴であるとし、「メッカ巡礼は、この場所で、この特定の時期に、常にこれほど長い年月に及び、明白な論理と言葉によって、イスラム教徒に統一を呼びかけている。これは、常に、特にこの時期にイスラム教徒を互いに対立させようとする、イスラムの敵の望みの対極にある」と語りました。

ハーメネイー師は、高慢なアメリカの行動に触れ、「イスラムとイスラム教徒に対するアメリカの政策は、好戦主義であり、イスラム教徒を互いに殺害させ、抑圧者に被抑圧者を苦しめさせ、圧制者を支持し、圧制者によって虐げられた人々を残忍に弾圧し、この恐ろしい陰謀の炎を常に煽るものだ」と語りました。

 

ハッジ・メッカ巡礼者

 

また、イスラム教徒は賢明さを保ち、この悪魔の政策を退けるべきだとし、「メッカ巡礼は、この賢明さの下地作りであり、それが、メッカ巡礼において高慢な人々や多神教徒に嫌悪を示す儀式の哲学だ」と強調しました。

さらに、「メッカの巡礼者よ。シリア、イラク、パレスチナ、アフガニスタン、イエメン、バーレーン、リビア、パキスタン、カシミール、ミャンマー、世界のその他の場所で、虐げられた人々とイスラム共同体のために祈ることを忘れてはならず、アメリカをはじめとする高慢な者たち、その協力者たちの手が断ち切られることを神に祈るべきだ」と述べました。

 

ハッジ・メッカ巡礼者

 

タグ

2018年08月20日18時06分
コメント