• イラン、トルコ、ロシアの首脳
    イラン、トルコ、ロシアの首脳

テヘランで、7日金曜、シリア問題に関するイラン、トルコ、ロシアの3カ国首脳会談が開催されています。

イラン、ロシア、トルコの首脳は、シリアがテロとの戦いの最終段階に入り、シリア危機が政治的な局面へと移行している中で、シリアの最新情勢について話し合いを行っています。現在、シリアでテロリストや武装勢力が残っているのは、北西部のイドリブのみとなっています。

シリア政府軍のテロとの戦いにおける成功は、イラン、ロシア、トルコの協力が効果的であったことを示しています。7日、イランのローハーニー大統領、ロシアのプーチン大統領、トルコのエルドアン大統領がテヘランに集まる中で、シリア戦争は最終局面に入っており、現在の注目は、イドリブの解放作戦です。現在、シリアは、軍事的なアプローチから政治的なプロセスへと移行しています。

これについて、イランのアラーグチー外務次官は、4日火曜、「アスタナプロセスは、イラン、トルコ、ロシアのテロとの戦いにおける協力と緊張の緩和により、順調に進められてきた」と語りました。アラーグチー次官は、現在、シリア情勢は重要な段階に近づいているとし、「イラン、ロシア、トルコのシリア政府との協力により、シリアのほとんどの地域でテロリストが掃討され、残りの勢力はイドリブに向かった」と述べました。

西アジア問題の専門家、カーゼミーゴミー氏も、テヘランの3カ国首脳会談とアスタナプロセスの重要性について、「シリア政府は、和平を保障する国々の支援により、占領やテロに勝利した」

現在、テロリストに占領されているのがイドリブのみに限られており、アメリカをはじめとする西側がこの問題について騒ぎ立てていることは、シリアの和平を保障するイラン、ロシア、トルコの3カ国の協力が効果的であったことを示しています。この3カ国の協力は、シリアにおける地域協力の最大の成功例であり、西側が、国連の協力によって行ったジュネーブでの和平会議の対極にあります。

西側諸国は、シリア危機の解決に誠意を持って対応していません。彼らがイドリブの解放作戦を前に偽りの状況を作ろうとしていることは、彼らのダブルスタンダードを示しています。

アメリカの思想家、ステファン・レンドマン氏は、グローバルリサーチに寄稿した記事の中で、このように記しています。

「シリア北西部のイドリブはトルコと国境を接しており、アメリカの支援を受けているテロ組織ヌスラ戦線や、アルカイダとつながりのある勢力が、この地域を支配している」

このような状況に注目すると、シリアをテロリストに対する完全な勝利の目前に導いた建設的な協力は、イラン、ロシア、トルコによる協力です。この3カ国は現在、西側のプロパガンダの高まりの中で、シリアの政治的な将来とイドリブでのテロとの戦いの最終段階について話し合いを行っており、これによって、今後の方向性が明らかになるのです。

 

ラジオ日本語のフェイスブックのページもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

2018年09月07日18時37分
コメント