• チェスの世界選手権・首都カップでイランの選手が優勝
    チェスの世界選手権・首都カップでイランの選手が優勝

テヘランで開催されたチェスの第三回世界選手権・首都カップで、イランのハリール・ムーサヴィー選手が優勝しました。

IRIB通信によりますと、今月1日から開催されたチェスの世界選手権・首都カップは、9日日曜、閉幕しました。

今大会では、優勝したムーサヴィー選手に次いで、アルメニアの選手が2位、イランのアスギャルザーデ選手が3位となりました。

今大会は、スイス式で行われ、イラン、中国、スイス、アルメニア、フランス、ドイツ、イギリス、アゼルバイジャン共和国、ジョージア、アフガニスタン、などの各国から400人の女子・男子選手が参加しました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックのページもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

2018年09月10日15時57分
コメント