• IAEAの天野事務局長
    IAEAの天野事務局長

IAEA国際原子力機関が、声明の中で、改めて、「イランは核合意における取り決めを実施している」と強調しました。

IRIB通信によりますと、IAEAは、ウィーンでのIAEA定例理事会の初日となった10日月曜に声明を発表し、「IAEAは、イランとの緊密な協力を続けていく」と発表しました。

IAEAの天野事務局長は、定例理事会の会合で演説し、改めて、「イランは核合意における取り決めを実施している」と強調しました。

定例理事会の会合は、10日、ウィーンのIAEA本部で始まりました。

この5日間の定例理事会の会合では、核に関する国際協力の強化や核廃棄物の安全といった問題について話し合いが行われるとされています。

IAEAは常に、報告の中で、イランの核合意における取り決めの遵守を強調してきました。

アメリカのトランプ大統領は、5月8日、アメリカの核合意からの離脱を発表し、これは核合意に署名した他の国々の抗議に直面しました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

2018年09月11日15時59分
コメント