• イランのジャム石油化学コンビナート
    イランのジャム石油化学コンビナート

イラン南部にあるジャム石油化学コンビナートのミールアフザリー取締役が、このコンビナートで13の新製品が多量に生産されているとしました。

IRIB通信によりますと、ミールアフザリー取締役は、「この4年間に国内の専門家の緻密な実験や研究により生産された製品は、国外市場にも供給できるようになった」と述べました。

また、「このコンビナートでは自動車の燃料タンク、バンパー、魚網、梱包器具、各種の管、点滴潅水チューブを含む1000トン以上の製品が生産されている。これらの製品は国内で利用されていると共に、トルコ、ロシア、中央アジア諸国、中国、インド、やヨーロッパにも輸出されています。

さらに、「このコンビナートの生産品は、台所用容器、食品産業、製薬産業、フロアカバリング産業、繊維業などで使用されている」としています。

 

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

タグ

2018年10月11日21時55分
コメント