• 石油タンカー
    石油タンカー

日本経済産業省が、最新の報告の中で、8月のイラン産原油の輸入量が、前年の同じ時期に比べて65%増加したことを明らかにしました。

タスニーム通信によりますと、日本経済産業省の統計によれば、日本のイラン産原油の8月の輸入量は、日量19万5000バレルで、前の年に比べて65%増加しました。

2017年8月の輸入量は、日量11万8000バレルでした。

日本は石油需要の5.2%をイランでまかなっており、イランは日本にとって5番目の石油輸入先となっています。

アメリカは5月8日に核合意から離脱し、その後、11月4日までにイランからの石油、天然ガス、石油化学製品の輸出をゼロにすると発表しました。

中国、ロシア、トルコをはじめとする世界の多くの国が、トランプ大統領の決定に反対し、この要請には従わないと表明しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

タグ

2018年10月12日17時17分
コメント