• イラン軍統合参謀本部のバーゲリー議長
    イラン軍統合参謀本部のバーゲリー議長

イラン軍統合参謀本部のバーゲリー議長が、「タクフィール派のテロリストによる前代未聞の犯罪を目の前にして、人権主張者が沈黙していることにより、世界で民間人の安全が脅かされている」と語りました。

イルナー通信によりますと、バーゲリー議長は13日土曜、テヘランで開催された第4回アジア太平洋国際軍事医学会議において、「この会合が開催されている一方で、半年前からシオニストという強奪者が、パレスチナ人の祖国帰還の権利を訴える行進の中でおよそ200人のパレスチナ人を殉教に至らしめ、さらに2万人以上に怪我を負わせている。加えて、一部の地域諸国もイエメンを侵略し、同国の人々を殺害している」と述べました。

また、「イランの各軍は、軍事医学の分野での防衛戦略の発展、及び国際軍事医学委員会の人道上の目的の実現、並びに化学兵器による負傷者の治療に関する独自の経験・情報の提供に向け、いかなる努力も惜しまないだろう」としました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

タグ

2018年10月13日19時07分
コメント