• イランイスラム革命防衛隊のサラーミー副総司令官
    イランイスラム革命防衛隊のサラーミー副総司令官

イランイスラム革命防衛隊のサラーミー副総司令官が、「世界は反米で結束しつつあり、アメリカの反イランを助ける国は存在しない」と語りました。

イルナー通信によりますと、サラーミー副総司令官は、14日日曜、テヘラン南方のゴムで、イランは地域や世界の政情変化の中心にいるとし、「アメリカは孤立しており、今後も同盟国を失うだろう」と述べました。

さらに、「イラン国民は、敵に抵抗することで、彼らを敗北させてきた。イランの治安部隊は、イスラム体制の敵に対抗するための完全な準備を整えている」と述べました。

サラーミー副総司令官は、イランと世界の国々との幅広い関係に触れ、「敵がイランのイスラム体制と革命の力を恐れていることが、彼らの度重なる敗北を物語っている」と語りました。

また、「アメリカには、シオニスト政権イスラエルの安全を確保する力はない」と語りました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

タグ

2018年10月14日22時06分
コメント