• イランのサッターリー科学技術担当副大統領
    イランのサッターリー科学技術担当副大統領

イランのサッターリー科学技術担当副大統領が、イランは世界で技術革新の速度が最も早い国であるとしました。

イルナー通信によりますと、サッターリー副大統領は16日火曜、イラン北西部・西アーザルバーイジャーンの州都オルミーイェのサイエンスパークを視察した際、イランはこの4年間に学術革新度に関するランキングで、以前の132位から65位に昇格しているとし、「このランキングは、今後さらに改善される見込みだ」と語っています。

また、イランは、学術論文の発表件数の面で世界15位を占めているとし、「イランはナノテクノロジーなどなど多くの最新技術において、世界の上位10ヶ国に入っており、これは、イラン学術面での著しい発展を示している」と述べました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

 

タグ

2018年10月16日19時50分
コメント