• イマーム・レザー聖廟
    イマーム・レザー聖廟

シーア派8代目イマーム・レザーの殉教日にあたり、イランが全国を挙げて喪に服しています。

8日木曜は、イスラム暦1440年サファル月29日に当たり、イマーム・レザーの殉教日とされています。

預言者一門を敬愛する人々はこの日、イラン北東部マシュハドにあるイマーム・レザー聖廟や、テヘラン南部の聖地ゴムにあるこの偉人の妹マアスーメの聖廟、さらには各地にあるモスクなどの宗教施設に参集し、挽歌の朗詠などにより追悼儀式を実施します。

 

イマームレザーの追悼行進への参加者

 

マシュハドのイマーム・レザー聖廟に集まった多数の巡礼者は、境内をはじめとするその敷地内で涙し、イマーム・レザーに対する敬慕の情を表しました。

 

 

また、イランのそのほかの諸都市でも、宗教施設などに追悼行事への参加者が集い、緑や黒の旗を掲げ、挽歌を朗誦し、胸を叩くスィーネザニーを行って、イマーム・レザーの殉教を追悼しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

 

タグ

2018年11月08日17時25分
コメント