• イラン代表のハーシェミー選手(左から2人目)
    イラン代表のハーシェミー選手(左から2人目)

トルクメニスタンのアシガバードで行われた重量挙げの世界選手権で、イランの選手が102キロ級で金メダル2個、銀メダル1個、銅メダル2個を獲得しました。

ファールス通信によりますと、この大会で、イランのハーシェミー選手とビールアルヴァンド選手が102キロ級に出場し、カザフスタン、ウクライナ、ウズベキスタン、スロバキア、グルジア、日本、ロシアの選手が参加する中、好成績を収めました。

ハーシェミー選手はスナッチで銀、ジャークで銅、そして総合で396キロとなり、金メダルを獲得しました。

ビールアルヴァンド選手も、ジャークで金、総合393キロで銅に輝きました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

 

タグ

2018年11月09日15時35分
コメント