• 国際海事機関
    国際海事機関

在イギリス・イラン大使館が、国際海事機関の事務局長に宛てた書簡の中で、一方的なアメリカの制裁に抗議し、この制裁の影響について特別な調査を行うよう要請しました。

イルナー通信によりますと、イギリス駐在のバイーディーネジャード・イラン大使は、8日木曜、ツイッターでメッセージを発し、「イラン大使館は国際海事機関の事務局長に書簡を送り、イランの船舶に対するアメリカの一方的な制裁の行使を、国際海事法に違反する行動として非難するとともに、航行の安全を危機に陥れたことについて、国際海事機関の特別審理を要請する」としました。

アメリカのトランプ大統領は5月8日、核合意からの離脱を発表し、今月5日、イランの石油輸出、航空産業、海運業、銀行を主な対象とする対イラン制裁を行使しました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

タグ

2018年11月09日16時48分
コメント