• パキスタン外務省のファイサル報道官
    パキスタン外務省のファイサル報道官

パキスタン外務省のファイサル報道官が、アメリカの一方的な制裁の中で、イランとの貿易協力を続けるとしました。

IRIB通信が10日土曜に伝えたところによりますと、ファイサル報道官は、パキスタン上院の外交政策委員会で、「パキスタンはイランと大変良好な関係を有している。この関係を維持、拡大するよう努力する」と語りました。

また、「パキスタンは同国南西部のグワーダル港とイラン南東部のチャーバハール港の関係構築を望んでいる。この2つの港が、補完的な港として、それぞれに交易できるよう希望している」と強調しました。

さらに、パキスタンはどの国の要請であっても、イランとの良好で緊密な関係を破壊することはないとしました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

タグ

2018年11月10日19時00分
コメント