• メイマンド村
    メイマンド村

イラン南東部ケルマーン州バーバク市から30キロに位置するメイマンド村は、イランの歴史ある見所の1つです。

この謎めいた村落は、掘削された岩山の中腹にあり、現存する資料によれば、この村の歴史は少なくとも2,3000年前に及ぶとされています。メイマンド村にある家屋は、場合によっては1つの家屋全体に、1つまたは複数の石室や家畜小屋が存在する可能性があります。

メイマンド村の住民は、主に牧畜業に従事しており、1年のうちの最初の4ヶ月は牧畜目的で平原に赴き、次の4ヶ月は造園業に従事し、冬季は村内に居住します。

 

メイマンド村は、歴史を通して外部に対し厳しく防衛してきたことから、社会的に大きな変貌を経験していない
メイマンド村には、400以上もの石室が存在
村民の方言や言語には、今なおサーサーン朝のパフラヴィー語の語彙が使用されている
村民の持てなしのよさは大評判
 
村内には、非常に美しい浴場や宗教施設が存在
メイメンド村観光のベストシーズンは冬
メイマンド村は、2015年にイランの物件としては19番目の世界遺産に登録
これらの家屋が、どのような目的で誰の手により建設されたかは今なお不明
 村内で発見された陶器や資料は、パルティア王朝時代、サーサーン朝時代、イスラム時代など様々な時代にまたがる
.地中に造られていることから、酷暑酷寒をはじめとする厳しい天候への耐久度が高い
メイマンド村の風景
村内では今なお伝統的な暮らしが営まれている
岩山の中にある家屋の大きさや石室の数は千差万別
村民は、昔から器具を用いて岩山の中に穴を開けて生活

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

タグ

2018年11月11日13時53分
コメント