• シリアに駐在するアリーネジャード・イラン武官
    シリアに駐在するアリーネジャード・イラン武官

シリアに駐在するアリーネジャード・イラン武官が、「シリア東部にあるアメリカ軍基地は、シリアにおけるテロリスト団結の拠点となっている」と語りました。

イルナー通信によりますと、アリーネジャード武官は19日月曜、シリア東部にあるアッタンフ基地でのアメリカ軍の動向に触れ、「アメリカは、アッタンフ基地の中でテロ組織に訓練や軍備を施している。シリア南部スヴェイダ州東部で最近発生した、政府軍に対するテロリストの攻撃は、テロリストが同基地から軍備面での支援を受けたことによる」と述べました。

また、「シリア各地でのテロリスト掃討作戦において、アメリカをはじめ、西側諸国やシオニスト政権イスラエル製の大量の兵器が発見されている。これは西側諸国がテロリストを完全に後方支援していることを意味する」と強調しました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

2018年11月19日20時49分
コメント