2018年12月12日14時07分
  • ローハーニー大統領
    ローハーニー大統領

イランのローハーニー大統領が、「我々は、学術面で評価に値する進歩を遂げた」と語りました。

イルナー通信によりますと、ローハーニー大統領は11日火曜夜、文化革命評議会において、「主に外国にルーツを持つ学術分野において、学説の提唱がなされることが期待される」と述べました。

また、「ナレッジベースの企業に関しても、我々は学術、発明、技術、商業化の分野で非常に大きな成功を収めている。3000を超えるナレッジベースの企業が創設され、雇用創出に加えて、およそ120億ドルの資金を流通させている」と強調しました。

さらに、「1979年の(イラン)イスラム革命後、一国の国民がホメイニー師というただ一人の宗教指導者によって、世界の大国の支援を受けていた政権に対し勝利を収めるなどということは、世界にとって信じがたいことだった。だが、これは偉大なる文化という力以外の何ものでもない」と語りました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

コメント