2018年12月23日21時21分
  • ハーメネイー師がイラン警察隊司令官らと会談
    ハーメネイー師がイラン警察隊司令官らと会談

イラン全軍の総指揮官を務める、イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、同国の警察隊の司令官や責任者らと会談し、「人々がイラン警察隊を、強力で公正かつ、聡明な部隊とみなすよう行動してほしい」と語りました。

ハーメネイー師は23日日曜、この会談で、警察隊がイスラム体制やイスラム革命のレベルに相応しい位置づけに達するために必要な条件として、絶え間ない進歩を挙げ、「各地の警察署や交番、巡回パトロール部隊をはじめとするイラン警察は、常に人々の目に触れる存在である。警察隊の行動に関する判断は、イランのすべての軍やイスラム体制全体にまで及ぶ」と述べました。

また、一般市民や各地の警察署に問い合わせてくる人々への、警察の対応改善など警察隊の良好な進歩に触れ、絶え間ない進歩・改善の必要性を強調するとともに、「警察の行動は合理的かつ慎重、そして人々に安心や信頼性をもたらすものであるべきだ」としました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント