2018年12月24日17時17分
  • イラン中部・アブヤーネ村
    イラン中部・アブヤーネ村

ここ9ヶ月間で、外国人2万8千人以上がイラン中部イスファハーン州の歴史的な村落アブヤーネ村を訪問しました。

IRIB通信によりますと、イスファハーン州・ナタンズ行政区の文化遺産・伝統工芸・観光事務所のヤズダーンメフル所長は、「今年3月22日から12月22日まで、40カ国以上からの外国人観光客2万8773人がアブヤーネ村を訪問している」と語りました。

アブヤーネ村はイスファハーン州ナタンズ行政区の古い村の一つで、その見所としては、斜面に階段状に作られた家々、モスク、ゾロアスター拝火教の寺院、聖地、城砦などが挙げられます。

なお、今年3月22日から12月22日(イラン暦の1月~9月)に、イラン各地を訪問した外国人観光客の数は約480万人にのぼります。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

 

タグ

コメント