2018年12月30日14時51分
  • ザリーフ外相とズィヤードン・ナハーレ事務局長
    ザリーフ外相とズィヤードン・ナハーレ事務局長

イランのザリーフ外相が、「イランは常に、パレスチナの人々とともにあり、彼らの持つ理想や理念を支持するだろう」と語りました。

メフル通信によりますと、ザリーフ外相は29日土曜、パレスチナイスラム聖戦運動のズィヤードン・ナハーレ事務局長とテヘランで会談し、「イランの対外政策の根幹の1つは、パレスチナ支持である」と述べています。

 

 

一方、ズィヤードン・ナハーレ事務局長もこの会談で、パレスチナ国民に対するイランの支持に謝意を示し、「イランは、パレスチナの理想の本当の支持者である」としました。

また、抵抗運動への打撃を狙った、一部の西側諸国やアラブ諸国の工作を指摘し、「パレスチナ国民は、これまで以上に完全な勝利に向けて自らの道を歩み続ける決意を固めている」と語っています。

さらに、「抵抗運動は、過去に比べて侵略者に対抗するより高い能力や可能性を有している」とし、「こうした高い能力の数々は、祖国への帰還の権利をアピールする抗議デモや、シオニスト政権イスラエルの最近の侵略の失敗に具現されている」と述べました。

ズィヤードン・ナハーレ事務局長

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント