2019年09月11日18時20分
  • ハミード・スーリヤーン選手
    ハミード・スーリヤーン選手

イランにおける競技としてのレスリングの歴史を見てみましょう。

 

イランのレスリングの発展は、ガージャール朝のナーセロッディーン・シャーの時代にまでさかのぼります。

その後、ズールハーネと呼ばれるイラン独自の伝統的な体操ジムに加えて、現代式のスポーツジムが設置されるようになりました。

イランでは、1938年にグレコローマンスタイルおよびフリースタイル形式のレスリングが始まりました。

さらにイランに初めて外国のレスリングチームがやってきたのは1947年のことでした。

イラン史上最高のレスリング選手は、テヘラン南方のレイ市出身、1985年生まれのハミード・スーリヤーン選手でしょう。

彼は、59kg級の選手として、これまでに数々のグレコローマンスタイルの世界選手権で6個の金メダルを、そして2012年のロンドン・オリンピックで見事金メダルを獲得し、イラン史上7個の金メダルを獲得した唯一の選手とされています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント