2019年02月10日18時01分
  • キーシュ島の地下都市
    キーシュ島の地下都市

イラン南部・ペルシャ湾に浮かぶキーシュ島の地下都市は、カーリーズ地下都市あるいはカナートキーシュとしても知られ、同島の史跡・観光名所の1つとされています。

ここにあるカナート(地下水路)の歴史は2500年以上前に遡ります。この施設はもともとは地下都市ではなく、地下道網であって、イラン人が水の誘導のために掘削したものです。

カーリーズとは、ペルシャ語で言うカナートに相当し、過去に生活・農業用水の誘導目的で使用されていた施設を指します。

キーシュ島にあるカーリーズ地下都市
このカナート設備群の歴史は2500年以上に及ぶ
キーシュ島のカナート群は、イラン国内のカナート掘削技術がかもし出す魅力そのもの
このカナートは全長およそ15キロにも及び、地下14メートルの深さに掘削されている
このカナート施設群の総面積は約1万㎡
この見事なカナートの掘削は、近代的な機器ではなく斧やつるはしなどの原始的な道具による
このカナートは、イラン文化財保護に関心のある人々により修復され、一般見学者用に公開
カナートの天井は、天然の貝や珊瑚で覆われており、その歴史は数百万年に及ぶ
珊瑚に覆われた天井はかつて海底だった部分で直径はおよそ7m.
このカナートの特徴の1つに、内部の気温が年間を通して心地よく涼しい快適な温度に維持されていることが挙げられる
カナート内に存在する水は、キーシュ島の季節的な降雨によるもの
カナート内の一部には観光客用の便宜・設備が整っている
この地下都市内には、総面積が280㎡以上に及ぶ博物館も存在
施設内の補強のため、特殊な赤土が使用されている.
カナートの敷地内には、全部で74の井戸がある

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント