2019年02月11日19時18分
  • テヘランでの革命勝利記念行進の参加者
    テヘランでの革命勝利記念行進の参加者

イランイスラム革命勝利40周年記念行進の参加者らが、ワッハーブ派により殺害されたサウジアラビアのシーア派教徒の6歳の子供の殉教を非難しました。

サウジアラビア・メディナにあるイスラムの預言者ムハンマドの霊廟への巡礼に、母親と一緒に向かっていたシーア派教徒の6歳の男の子が、サウジアラビア人のワッハーブ派のタクシー運転手により無残にも殺害され、殉教しました。

IRIB通信によりますと、テヘランでイスラム革命勝利40周年記念行進に参加した人々は、殉教したこの子の肖像を掲げ、「ワッハーブ派に死を」、「サウード王家に死を」のスローガンを叫びました。

イスラム革命勝利40周年記念行進は11日月曜午前、イラン各地の1千以上の都市および、1万以上の村落において、全国一斉に実施されました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント