2019年02月28日18時23分
  • イランのザリーフ外相
    イランのザリーフ外相

イランのザリーフ外相が、「我々は、自国の治安を内部から確保している。国民の存在なくしては、何事も成し得ない」としました。

ザリーフ外相は、28日木曜、テヘランの医科大学で開催された学術会合において、「わが国の研究者や学者は自らを拠り所とし、自負心によって生産を可能にしている。消費者ではなく生産者である」と述べました。

また、イランを除くペルシャ湾岸6ヶ国が1000億ドル規模の兵器を購入していることを指摘し、「軍の関係者の給与や退役軍人の年金を含めたイランの軍事予算は、160億ドルである」と語りました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese

タグ

コメント