2019年03月11日19時18分
  • イランのローハーニー大統領
    イランのローハーニー大統領

イランのローハーニー大統領が11日月曜、イラクのサーレハ大統領、アブドルマハディ首相の正式な招待により、3日間の予定でバグダッドを訪問しています。

 
ローハーニー大統領の今回のイラク訪問では、両国間で経済関係の様々な分野における協定書や、合意覚書が調印される予定です。

ローハーニー大統領は11日、イラクへの出発を前に記者団に対し、トランプ米大統領が秘密裏にイラクを訪問したことに触れ、「わが国とイラクの関係は、アメリカのような占領主義国家のそれとは比較にならない」と語りました。

また、アメリカは地域で嫌悪の対象となっていると強調し、「アメリカがイラクやシリア、そのほかの地域諸国の国民に対して投下した爆弾は、決して忘れ去られることはない」と述べました。

さらに、「今回のイラク訪問で協議されるべき議題は、経済協力の拡大や産業都市の建設、イラク・イラン間を結ぶ鉄道路線の敷設、砂塵や環境問題、保健医療問題、トランジット輸送、観光業、地域の安全保障などだ」と説明しました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント