2019年04月24日20時22分
  • ハーメネイー師
    ハーメネイー師

イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、「石油をめぐるアメリカの敵対と陰謀は、ただでは済まされず、必ずや報いを受ける」と語りました。

ハーメネイー師は24日水曜、労働・労働者週間の開始に当たり、様々な産業に従事する大勢の労働者と会談し、アメリカがイランの原油輸出ルートを遮断しようとしていることに言及し、「イランの活動的な国民や賢明な体制責任者らは、自らが決意すれば全ての行き詰まりを打開できることを示してきた。今回も、アメリカの工作は功を奏さず、イランがその気になれば必要な量の原油を輸出できるのは確実である」と述べました。

また、イラン国民の敵に向かって重要な1つのポイントを指摘し、「イラン国民に対するあなた方の敵対行為は必ずや報復を受ける。イラン国民が自らに対する陰謀を傍観しているような国民ではないことを知っておくべきだ」としました。

さらに、「敵は、イラン国民を屈服させるために経済的な圧力に力を注いでいる。しかし、イラン国民は決して屈しない。制裁を発展と隆盛の機会として活用し、アメリカの敵対に必ずや報復するだろう」と語りました。

ハーメネイー師はまた、アメリカによるイラン石油部門への圧力強化を、別の視点から論じ、「我々は、原油輸出への依存低減を機会とみなし、これを国内の能力を拠り所とするために活用している」と述べました。

最後に、「最近言われているように、敵の最近の敵対行為は彼らの最後のあがきである。敵は最終的にイラン国民への敵対に疲れ果てるだろう。だが、イラン国民が進歩と抵抗、労働や努力に疲れ果てることはない」と呼びかけました。

ハーメネイー師
ハーメネイー師
ハーメネイー師
労働者

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント