2019年04月25日04時35分
  • アメリカのイラン・タバスでの軍事的敗北
    アメリカのイラン・タバスでの軍事的敗北

25日木曜は、アメリカ軍のイラン攻撃がタバスで失敗に終わった日に当たります。

39年前、アメリカはヘリコプターや航空機数機とともに、イランを軍事攻撃しいようとしました。しかしこの軍事攻撃は、緻密に計画され、新型の兵器を装備し、同じような場所で多くの訓練を行っていたにもかかわらず、タバス砂漠での砂嵐の発生により、失敗しました。

この事件で、アメリカの多くの航空機やヘリコプターが出火し、アメリカ軍兵士数名が死亡し、残存兵もイランから撤退しました。

アメリカ軍は、外交官として、新たに誕生したイスラム共和制を転覆する陰謀や諜報活動を行い、人質となっていた人々をイランから脱出させるため、タバス砂漠に降下した後、ヘリコプターでテヘランに向かうことになっていました。

 

もっと読む;

アメリカのタバス侵入事件の重要性

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント