2019年05月16日05時32分
  • ザリーフ外相
    ザリーフ外相

イランのザリーフ外相が、日本の政府関係者らと協議を行うため、16日木曜未明、東京に到着しました。

イラン外務省の報告によりますと、ザリーフ外相は16日木曜午前に、日本の安倍首相と会談する予定です。

ザリーフ外相は今回の日本訪問にさきがけて、政治・経済高等使節団を率いて、トルクメニスタンとインドを歴訪し、これらの国の政府高官らと協議を行いました。

NHKによりますと、日本外務省は、イランのザリーフ外相が15日から3日間の日程で日本を訪問することを発表しました。

日本外務省関係者によりますと、ザリーフ外相は16日、河野外務大臣と会談するほか、安倍総理大臣への表敬を行うことにしています。

一連の会談では、アメリカが離脱した核合意をめぐって意見が交わされるものとみられます。

河野外相

 

日本の河野外相が15日水曜、イラン南部ホルモズ海峡が封鎖される可能性に懸念を示しました。

河野外相は、記者団に対し、「日本のエネルギー確保にとって重要なルートである、ホルモズ海峡付近の情勢は非常に影響・弊害を受けやすい」と語りました。

また、「ホルモズ海峡が封鎖された場合に予想される、日本や世界の経済への直接的な影響を回避する必要がある」と述べました。

ホルモズ海峡は、地域・国際貿易、特にタンカーの往来・航行に重要な役割を果たしています。

この戦略的な海上ルートが封鎖された場合、事実上ペルシャ湾を介した世界への原油輸送が不可能となります。

ホルモズ海峡

 

アメリカのトランプ大統領は昨年5月、一方的に核合意に違反し、この合意からのアメリカの離脱と、核関連の対イラン制裁の復活を宣言しました。

アメリカ政府はまた先月22日、イラン産原油の輸入国に対し、同原油禁輸制裁の適用除外措置を延長しないことを発表しましたが、これは地域や世界規模での強い反発を受けています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese

タグ

コメント