2019年09月12日02時12分
  • イランのザリーフ外相
    イランのザリーフ外相

イランのザリーフ外相が、イランに対するアメリカの経済テロ強化宣言を非難し、「戦争への飽くなき欲望も、好戦主義者の一団のトップとともに消え去るべきだ」と語りました。

ザリーフ外相は11日水曜、ツイッター上で、「2、3の共犯者を除き、世界が米政府内のBチームという犯罪班トップからの解放に安堵する中、ポンペオ国務長官とムニューシン財務長官はイランに対する経済テロの強化を宣言した」と非難しました。

ザリーフ外相のツイッター

ポンペオ国務長官とムニューシン財務長官は10日火曜、共同記者会見し、「米財務省は、イランイスラム革命防衛隊の関係者の一部を制裁対象に加えた」と表明しました。

こうした措置の一方で、トランプ米大統領は同日、ボルトン大統領補佐官を解任しています。

ザリーフ外相は常々、「ボルトン氏、シオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相、サウジアラビアのムハンマド皇太子、アラブ首長国連邦のザイド皇太子らで構成されるBチームは、地域で軍事衝突を引き起こそうとしている」と警告しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント