• 最高指導者、「アメリカはテロとの戦いに誠実ではない」

イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、カザフスタンのナザルバエフ大統領と会談し、「アメリカやテロとの戦いを主張する大国は誠実ではない」と語りました。

ハーメネイー師は、11日月曜夕方、ナザルバエフ大統領、及び、その随行団と会談し、政治、経済、国際、テロ対策のさまざまな分野における両国の協力拡大の必要性に触れ、「一部の大国、特にアメリカは、テロとの戦いの主張に誠実ではないが、イスラム諸国は、誠意のある協力によって、この脅威をイスラム世界から遠ざけることができる」と語りました。

また、イラクで活動するテロ組織ISISへのアメリカの支援は、テロとの戦いを主張する連合の不誠実な対応を物語る例だとし、「彼らは、ダブルスタンダードを正当化するため、テロをよいテロと悪いテロに分けている」と述べました。

さらに、ヨーロッパのテロ攻撃の実行犯がヨーロッパ国籍であること、これらの国の出身者がシリアやイラクのテログループで活動していることに触れ、「この事実は、西側、特にアメリカが、テロ対策真剣ではないことを示している」と語りました。

ハーメネイー師は、テロの脅威と大国のダブルスタンダードへの対策は、論理的な政策に沿ったイスラム諸国の協力の拡大を必要としているとし、「イランはイスラム諸国を同胞だと考えており、イランとカザフスタンは、多くの国際問題において同じ立場を取っている」と述べました。

この会談には、ローハーニー大統領も出席しました。

一方のナザルバエフ大統領もこの会談で、イランは信頼できる大きな隣国だとし、「両国は、関係拡大に多くの可能性を有しており、我々は今回の訪問で、協力の拡大と成長につながるような、重要な経済・貿易計画に関して合意に至った」と述べました。

さらに、テロは地域や世界の安定にとって深刻な脅威だとし、西側における最近のテロ事件とイスラムをテロの象徴であるように見せようとする西側の努力に触れ、「テロと難民の増加は、実際、西側の大国による地域諸国の合法政権への敵対によって生じた問題だ。安定した中央政府が消滅すれば、テロがそれにとって代わる」としました。

また、イランの力とイスラム諸国における最高指導者の精神的な影響力に触れ、イスラム世界の統一に関する最高指導者の見解に完全な賛同を示し、「イスラムはテロとの戦い、連帯、発展の宗教であることを世界に示すべきだ」と語りました。

2016年04月12日19時13分
コメント