沖縄でアメリカ軍の駐留に反対する抗議運動が行われました。           

イルナー通信によりますと、8日水曜、抗議者は名護市のキャンプ・シュワブの前に集まり、抗議活動を行いました。

近年、東京や沖縄などの日本各地でアメリカ軍に反対するデモが行われており、一部は抗議者と警察の間で衝突となっています。

日本の人々の抗議運動は、日本とアメリカがアメリカ軍の普天間基地の辺野古移設に合意してから、より盛んになりました。

抗議者は普天間基地は完全に撤去されるべきであり、またアメリカ軍兵士は日本から撤退すべきだと強く訴えています。

日本と韓国におけるアメリカ軍の大規模な駐留とともに、アメリカ政府は両国に防衛ミサイルを配備しようとしています。

こうした中、中国はこの地域の安定を特に強調しています。

2017年02月08日20時25分
コメント