• 中国、福島原発を巡り、日本に責任ある対応を要請

福島第一原子力発電所で高い放射線量が確認されたことを受け、中国が日本に責任のある対応を要請しました。

イルナー通信によりますと、中国外務省の陸慷報道官は、北京で記者会見を行い、「日本政府は、福島原発に関する計画を正確に明らかにすべきだ」と語りました。

東京電力は、数日前、福島原発2号機で高い放射線量が確認されたことを明らかにしました。

この問題は日本の近隣諸国に強い懸念を抱かせています。

中国では、福島原発の周辺で漁獲された海産物への注意を呼びかけています。

東京電力は、数週間前から大規模な除染作業を開始していますが、このような問題を明らかにするのは今回が初めてです。

陸報道官は、「日本は自国の国民だけでなく、近隣諸国や世界中の人々に対しても責任がある」と語りました。

福島原発で高い放射線量が確認されたという報道は、福島の住民の多数にも不安を抱かせる可能性があります。

2017年02月09日20時55分
コメント