• 安倍総理大臣
    安倍総理大臣

日本の安倍総理大臣が、北朝鮮に対する防衛の強化を求めました。

フランス通信によりますと、安倍首相は11日月曜、東京で行われた自衛隊の会合で、「北朝鮮の脅威抑止にアメリカと具体的な行動を取る」として、日本とアメリカの合同訓練に触れ、北朝鮮の挑発行為のくり返しをとめなければならないとしました。

日本の小野寺防衛大臣も、11日朝、記者会見で、北朝鮮制裁を強化するアメリカの提案を支持するとして、国連安保理の決議案の採択は、大きな重要性を持っているとしました。

アメリカは10日夜、北朝鮮に対する新たな修正決議案を安保理理事国14カ国に示しました。これは11日、国連安保理で採択されます。

アメリカの決議案では、北朝鮮に対する段階的な禁輸措置が含まれています。

北朝鮮はくり返し、この制裁は国民の生活にはまったく影響がないとし、アメリカに対して、北朝鮮の制裁を強化するのであれば、アメリカはその代償を払うことになると警告しました。

2017年09月11日21時12分
コメント