• 安倍総理大臣とトランプ大統領
    安倍総理大臣とトランプ大統領

日本の安倍総理大臣とアメリカのトランプ大統領が電話会談を行い、北朝鮮に対抗するために協力することで合意しました。

ファールス通信によりますと、安倍首相は、5日木曜、トランプ大統領との電話会談で、日本は、北朝鮮に対するアメリカの立場を完全に支持するとし、北朝鮮のミサイルは脅威だとしました。

一方のトランプ大統領も、日本はアメリカの真の友好国だとし、来月上旬の日本訪問に向けた調整を明らかにしました。

安倍首相はまた、イギリス、カナダの関係者とも朝鮮半島の危機について話し合いました。

北朝鮮政府は、これまで繰り返し、アメリカとその同盟国が北朝鮮に対する脅迫を続ける限り、北朝鮮もまた、先制攻撃の能力や軍事力の強化を継続すると強調しています。

2017年10月05日19時48分
コメント