• 日本の小野寺防衛大臣
    日本の小野寺防衛大臣

日本が、アメリカと韓国の合同軍事演習の中止に反対しました。            

イルナー通信によりますと、日本の小野寺防衛大臣は、アメリカのトランプ大統領が、北朝鮮のキムジョンウン朝鮮労働党委員長との首脳会談後、アメリカと韓国の合同軍事演習の中止に言及したことに対し、「アメリカと韓国の演習や在韓アメリカ軍は、東アジアの安全保障に重要な役割を担っている」としました。

日本は、地域における中国の軍事力を懸念しており、アメリカ軍の韓国との合同軍事演習の中止は、地域の状況を中国の有利に変えることになると考えています。

北朝鮮は以前、アメリカとの首脳会談の進展は、アメリカと韓国の合同軍事演習の中止にかかっているとしていました。

トランプ大統領とキム委員長の初の会談は、今月12日、シンガポールで開催されました。

この会談では合意が調印され、アメリカが北朝鮮の安全を保障することになっています。

タグ

2018年06月14日17時50分
コメント