• 井筒俊彦氏
    井筒俊彦氏

日本のイスラム学者、言語学者、東洋思想研究者の井筒俊彦氏の生涯を描いたドキュメンタリー映画の制作が終了しました。

井筒俊彦氏は、イランの学界だけでなく、トルコ、エジプト、レバノン、マレーシアなどのイスラム諸国でも、著名なコーラン研究者、イスラム学者として知られています。

この映画では、イランの哲学者のホセイン・ナスル氏、作家のメフディ・モハッゲグ氏、歴史学者の黒田俊雄氏、思想家のウィズネスキー氏など、世界各国の60人を超える研究者が、井筒俊彦氏の人生、作品、思想に関して見解を述べています。

この映画にはまた、井筒研究家のバフマンザッキープール氏、井筒氏のもとで学んだゴラームレザー・アーヴァーニー氏やナスロッラー・プールジャヴァーディ氏、井筒氏と家族ぐるみの親交があったノウシャーファリーン・アンサーリー氏、西洋哲学者のキャリーム・モジュタヘディ氏、現在イラン外務次官で、以前に日本駐在イラン大使を務めたアラーグチー氏、コーラン研究者のアフマド・パーキャトチー氏、元大阪大学教授のハーシェム・ラジャブザーデ氏、シャフリヤール・ニヤーズィー氏などが出演しています。

この映画は、イラン、日本、フランス、スイス、イタリア、トルコ、カナダ、アメリカ、シリア、スペイン、中国など13カ国で撮影が行われ、すべてのインタビューはそれぞれの国の言語で撮影されたために、およそ12の言語が含まれ、全編は130分です。

この映画はイラン、日本、カナダで関係者向けに特別に公開されます。

 

 

タグ

2018年07月15日16時46分
コメント