• ドキュメンタリー映画「シャルギー(東洋人)」
    ドキュメンタリー映画「シャルギー(東洋人)」

日本の著名なイスラム学者、哲学者の故井筒俊彦氏の生涯と思想を描いたドキュメンタリー映画「シャルギー(東洋人)」が、初めてテヘランで上映されました。

IRIB国際放送ラジオ日本語によりますと、8日水曜夜、テヘランで、初の「シャルギー」上映を記念するセレモニーが行われ、このセレモニーには、元駐日イラン大使のアラーグチー外務次官とモッタキー元外相の他、映画の監督、関係者、井筒氏の弟子などが出席しました。

https://www.youtube.com/watch?v=MtVsQbXnyD0&t=52s

この映画を制作したターヘリー監督は、この映画の制作のために、日本、イラン、アメリカ、カナダ、シリアなど、12カ国で102人の関係者に話を聞いたと話しています。

また、制作は非常に困難な作業を伴ったとし、この映画を制作するための移動距離は、世界各国およそ13万4000キロに及んだとしました。

井筒俊彦氏は、日本の言語学者、イスラム学者、哲学者で、コーランを日本語に翻訳し、1975年から革命が起こるまで、テヘランのイラン王立哲学アカデミーの教授を務めました。

 

2018年08月09日19時45分
コメント