• 日本の河野太郎外務大臣
    日本の河野太郎外務大臣

日本の河野太郎外務大臣が、イラン産の石油輸入の停止に関する懸念の中、日本はアメリカの対イラン石油制裁の適応除外となるよう、交渉を続けているとしました。

ファールス通信によりますと、河野外相は、31日金曜、日本は核合意以前も以後も、イラン産原油の輸入量を変えておらず、このため対イラン制裁の適応除外となるべきだとしました。

また、日本の原油輸入に占めるイラン産原油の割合は5%だとして、日本が対イラン制裁の適応の除外となるよう、アメリカとの交渉を粘り強く続けていくとしました。

アメリカ政府高官は、同国の核合意離脱後、11月4日までにイラン産原油の輸入を完全に停止すべきであり、そうでない場合、アメリカの2次的な制裁の対象となると発表しました。

国際的な貿易法に反したこの2次的な石油制裁は、世界各国の反発を招いています。

現在、多くの国は制裁が除外されるよう求め、また、一部の国は、アメリカのこの要請に従わないとしています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックのページもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

2018年09月01日18時04分
コメント