• 河野外務大臣
    河野外務大臣

北朝鮮の朝鮮中央通信が、16日日曜、まもなく発表されると見られている朝鮮戦争の終戦宣言について、日本の河野外務大臣が「時期尚早」だと語ったことを批判しました。

IRIB通信によりますと、河野外相は、15日土曜、北朝鮮の非核化がほとんど進んでいないことから、朝鮮戦争の終戦宣言は時期尚早だと語りました。

朝鮮中央通信は、この発言を受け、「河野外相の発言は、日本の悪意の表れであり、日本が地域のほかの国々を対立させるために干渉していることを示している」と強調しました。

さらに、「北朝鮮は、地域における武力紛争の危険を完全に退け、朝鮮半島を平和の場所に変えることを決意している」としました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

2018年09月16日17時58分
コメント