• パスポート
    パスポート

世界190カ国を自由に旅行できる日本のパスポートが、世界で最も強いパスポートとされています。

イルナー通信によりますと、イギリスのコンサルティング会社ヘンリー&パートナーズは、最新のパスポートのランキングを発表し、世界で最も強いパスポートを発表しました。

この中で最も重要な指標となったのが、ビザなしで旅行、あるいは空港でビザが取得できる国の数でした。

この最新のランキングによりますと、シンガポールのパスポートが不動の2位で、ビザなしで旅行できるか、あるいは空港でビザが取得できる国は189カ国でした。

5年間で1位だったドイツのパスポートは、フランス、韓国とともに3位に入り、188カ国、4位はデンマーク、フィンランド、イタリア、スウェーデン、スペインのパスポートで187カ国でした。

アメリカのパスポートは、昨年は3位に入っていましたが、今年になって2位順位を下げ、イギリス、ノルウェー、オーストリア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガルとともに5位となり、ビザなし渡航、あるいは空港でビザを獲得できる国は186カ国となっています。

さらに、アラブ首長国連邦のパスポートは2006年には62位でしたが、21位に上昇しており、161カ国がこのような形で旅行でき、アラブ諸国と中東で最も強いパスポートとなっています。

このような指標に基づいた最も弱いパスポートはイラクとアフガニスタンで、30カ国のみがビザなし渡航可能となっています。

ヘンリー&パートナーズは定期的にこのようなランキングを発表しており、前回は5月22日に発表されていました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

タグ

2018年10月11日19時11分
コメント