• 安倍総理大臣
    安倍総理大臣

北朝鮮が、日本の軍国主義的傾向を批判し、憲法の改変は血塗られた時代への回帰だとしました。

北朝鮮のロドン新聞は、日本の憲法改正を非難し、この行動は、すべてのアジア諸国にとって脅威であり、血塗られた時代の回帰の下地を作り出すものだとしました。

また、日本の安倍総理大臣は、憲法の改変を強く主張することで、軍国主義の復活を求めているとしました。

安倍首相は、新しい時代にふさわしい形で憲法を改正すると表明しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

タグ

2018年10月18日16時54分
コメント