• アメリカ軍の戦闘機
    アメリカ軍の戦闘機

アメリカ軍の戦闘機が、沖縄からおよそ300キロ、北大東島の南西沖で墜落しました。

ロシアトゥデイによりますと、このF18戦闘機は空母ロナルドレーガンを離陸後、墜落したもので、二人のパイロットは救助されました。

この戦闘機はフィリピン沖で通常飛行を行う予定でしたが、エンジントラブルにより墜落したとされています。

空母ロナルドレーガンから飛び立った戦闘機が墜落するのは、今回が初めてではありません。

今年10月にも、この空母から離陸したMH60ヘリコプターがこの空母の甲板上に墜落し、複数の負傷者が出ました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

2018年11月12日20時07分
コメント