2019年03月25日19時00分
  • 日本での核軍縮会議
    日本での核軍縮会議

日本の京都で、各国の専門家が参加する中、核軍縮をめぐる意見交換を目的とした「核軍縮の実質的な進展のための賢人会議」の第4回会合が開催されました。

イルナー通信によりますと、NHKは、日本外務省が主催して22、23日の日程で開かれたこの会議に、日本、アメリカ、ロシア、その他の国から13人の原子力専門家が参加したと報道しました。

同会議の座長を務めた白石隆熊本県立大学理事長は会議の終了に際し、記者団に「今回の会議では、4月にニューヨークで開催される予定のNPT・核兵器不拡散条約運用検討会議に向け、草案を作成した」とし、「この草案では、中距離核戦力全廃条約をめぐるアメリカとロシアの対立を含め、核軍縮を取り巻く状況の悪化について懸念を表明し、NPTを維持することの重要性を強調した」と述べました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント