2019年04月22日20時30分
  • ロシアのモルグロフ外務次官
    ロシアのモルグロフ外務次官

ロシアのモルグロフ外務次官が、「ロシアと日本は、信頼構築によって互いの関係に横たわるあらゆる問題を解決できる」と語りました。

ロシア・スプートニク通信によりますと、モルグロフ次官は北方領土での経済協力について話し合う日本とロシアの第5回会合において、「日ロ関係における問題に、政治的に対処すべきではない」と述べました。

また、「ロシアと日本は、議論が容易ではない問題に直面しているが、双方が協力拡大や信頼醸成をはじめ優先事項を視野に入れたなら、両国関係は新しい段階に達するだろう」としました。

日本とロシアは、第2次世界大戦終結から現在まで、北方領土問題をめぐり対立しており、まだ平和条約を締結していません。

両国は最近、平和条約の締結に向けた協議開催で合意しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント