• シリア大統領、「国連はアメリカの道具になっている」

シリアのアサド大統領が、「国連は現在、アメリカにいつでも好きなときに利用される道具になっている」と語りました。

アサド大統領は、キューバの通信社のインタビューで、アメリカは自分たちの利益のために国連を利用しているとし、「ロシアが介入し、シリア軍のテロとの戦いを支援しようと決定したときから、アメリカとテロリストは劣勢に立たされた」と語りました。

また、国連の構造を強く批判し、「特定の問題に対する中国とロシアの立場が、国連がアメリカ寄りになるのを妨げている」と語りました。

さらに、シリア政府軍の優先事項はテロとの戦いだとし、「シリアに対する戦争は、テロリストを相手にしたものだけに限られない。同時にシリアに対する政治的、経済的な戦争も繰り広げられている」と述べました。

アサド大統領は、世界の100カ国以上の国籍を持つテロリストが、シリアに対する戦争に関与しているとし、「サウジアラビア、カタール、トルコといった国々は、フランスやアメリカなどの西側諸国の管理のもとで、テロリストに武器や資金を供与している」と強調しました。

 

タグ

2016年07月23日14時42分
コメント