• ロシア、シリアでの化学兵器使用の調査を要請

西側諸国が、シリアに有毒ガスを使用しているという根拠のない疑惑を投げかけ、同国に追加制裁を行使しようとしている中で、ロシアは、「この疑惑に関して調査すべきなのはシリア政府だ」と表明しました。

ロイター通信によりますと、国際的な調査で、シリア政府軍が3度にわたる化学兵器による攻撃を行ったと報告されたことを受け、西側諸国はシリアに対する大規模な世論操作を開始し、最近、フランスとイギリスはシリア政府に対する追加制裁の行使を求めました。

ロシアのチュルキン国連大使は安保理での演説で、「シリア政府はこれに関する包括的な内部調査を行うべきだ」と語りました。

さらに、「ロシアは今も最近出された報告を調査している。この報告には多くの矛盾が存在する」としています。

2016年10月28日20時33分
コメント